サボテンの風水で運気アップ!効果的な置き場所と意味を解説!おすすめのサボテンも

たくさんの種類があって見た目も可愛く、インテリアとしても取り入れやすいサボテン。

そんなサボテンは風水では、厄除けなどとして活躍してくれます!

ただし置き場所には注意が必要な植物でもあるのです。

この記事では、風水で効果的な置き場所やサボテンの種類を解説します!

サボテンの風水効果

その見た目も可愛くインテリアとしても大活躍してくれるサボテン。観葉植物として人気ですよね。

安い値段の物もあり手軽に購入できのも嬉しいところです。それに様々な形のサボテンがあって、選ぶのも楽しいです♪

そしてせっかくなら風水効果で、運気アップアイテムとしても活躍してもらいましょう。

ここではサボテンの風水効果についてご紹介します。

運気を跳ね返す効果

サボテンの特徴と言えば『とげ』ですよね。サボテンのようにとげがあるものには、『運気を跳ね返す』という意味があります。

運気を跳ね返すことから、「厄除け」「魔除け」「邪気除け」の効果が期待出来る植物です。

悪い運気を跳ね返してくれるなら、とても嬉しい効果ですよね!

ただし悪い運気だけを跳ね返すならいいのですが、良い運気も跳ね返してしまうのがサボテンの効果です。

ですからサボテンを飾る時には『運気を跳ね返す』ということを意識する必要があります。

悪い気を吸うと枯れる

風水ではサボテンの持つ効果は運気を跳ね返すだけではありません。

『悪い気を吸い込んでくれる』という効果もあると言われています。

悪い気を吸ったサボテンはだんだんと枯れてきます。「しおれてきた」「元気がない」と感じたら、そこには悪い気が溜まっている証拠です。

枯れてきたり元気がなかったりと、生き生きとしていない植物を置きっぱなしにすると、さらに悪い気を引き寄せてしまいます。

サボテンを飾っていて『枯れてきた』と感じる場所では、枯れずに生き生きとした状態を保てるようになるまで新しいサボテンに交換し、悪い気を吸い取ってもらいましょう。

サボテンの風水効果で運気アップが期待できる場所

サボテンには「運気を跳ね返す」効果があるため、置き場所には注意が必要です。

せっかく風水を意識しているのに、良い気まで跳ね返されてしまっては運気アップも望めません。

ここではサボテンを飾る最適な場所をご紹介します。

ベランダや窓際などの外と接する場所

ベランダのように外と接する場所は、悪い気や良い気が行きかいます。

特に悪い気が溜まってしまうと、近隣トラブルに繋がることもありますが、サボテンの風水効果で悪い気を跳ね返しましょう。

さらに賃貸物件の場合には、前に住んでいた人の悪い運気を吸い取ってくれる効果も期待できます。

引っ越したら、まずベランダにサボテンを飾るのもおすすめです♪

トイレ

トイレは家の中で一番悪い気が溜まりやすい場所とされています。

ですからサボテンの風水効果を、一番発揮してくれる場所でもありますよ。

家族の健康運に大きく関わりのある場所ですので、トイレにはサボテンを飾って悪い気が溜まらないようにしましょう。

そして大切なことは、トイレは常に清潔を保つことです。

汚れていると、より多くの悪い気を引き寄せてしまいます。それではせっかくサボテンを飾っていても風水の効果が発揮しきれません。

それからトイレは定期的に換気を行い、新鮮な空気をと入れることで、より家族の健康運もアップできますよ!

オフィスのデスク周り

オフィスは外との繋がりがある場所です。

もしも職場の対人関係で上手くいっていないと感じるときは、デスクにサボテンを飾ってみてください。

対人運をアップさせて、職場の対人関係が改善する効果を期待できますよ。

サボテンを飾ってはいけない場所

風水効果で運気を跳ね返してしまうサボテンには、飾ってはいけない場所がいくつかあります。

良い気を留めておけるように、ここではNGな飾り場所をご紹介します。

寝室

風水で寝室は対人運に関係する場所とされています。そしてその対人運は、恋愛運にも大きく関係してくることもあるのです。

サボテンのようにトゲがあるものを飾ると、緊張感が高まり対人関係が上手くいかなかったり、トラブルに巻き込まれたりする可能性も・・。

寝室に飾るなら、尖っているものよりも丸い形をした観葉植物がおすすめです。

玄関

玄関は人の出入りとともに、良い気や悪い気が出たり入ったりする場所です。

トゲのあるサボテンが玄関にあっては、良い気も寄せ付けない場所になってしまいます。

玄関にサボテンを飾りたい場合には、玄関ポーチや軒下など屋外がおすすめ。屋外に置くことで、避けたい人を寄せ付けない効果が期待できると言われていますよ。

キッチン

キッチンは風水で金運と大きく関わりがあるとされています。火や水を使用する場所ですので、運気のバランスを保つのが難しい場所です。

そこにトゲがあるサボテンを置いてしまうと、良い気も跳ね返すため、より運気のバランスが崩れやすくなります。

キッチンに飾るなら、サボテンではなく他の観葉植物にしましょう。

サボテンの風水効果を気にせず飾るならトゲなしを!

良い気まで跳ね返してしまうサボテンには置く場所に注意が必要ですが、インテイリアとして風水を気にせずに楽しみたいならトゲがないものにしましょう。

サボテンにはトゲがない品種も様々あります。

お好みのサボテンで部屋を飾ることで、気分良く過ごすことができますよ♪

飾るならこれ!見た目も可愛いおすすめのサボテン

サボテンと言っても、本当に様々な形・大きさがあり、選ぶのも迷いますよね。

ここではインテリアとしてもピッタリなサボテンをご紹介します♪

ネット通販でも購入できるものから選んだので、ぜひ参考にしてください。

オプンチア・白桃扇

オプンチアはうさぎの耳のような形から「バニーカクタス」とも呼ばれています。

ふわふわの白いトゲが特徴で、寒さにも強いため初心者の方にも扱いやすい品種です。

日光不足にならないように、定期的にしっかり日光に当ててください。上手くいくと黄色い花を咲かせてくれますよ♪

緋牡丹

赤・ピンク・黄と、カラフルな色で空間を彩ってくれるのが緋牡丹です。

一つ飾るだけで、その場所を華やかにしてくれますよね♪

ろうそくのように見えることから「キャンドルサボテン」とも呼ばれています。

手のひらサイズのサボテンですので、ちょっとした窓際やデスクの上など、狭い場所に丁度いいですよ。

金鯱

金鯱は絶滅危惧種に登録されている、野生ではなかなか見ることができない希少な品種です。

可愛い丸い形と、金色の鋭く長いトゲが特徴で「サボテンの王様」とも呼ばれています。

しっかり育てれば寿命は30年以上と長く、1m以上の大きさまで成長しますよ。

黄色い花を咲かせますが、40cm以上の大きさで20年以上経過していなければ咲きません。

アストロフィツム・兜丸

鋭いトゲはなく、白い丸い毛が生えているのが特徴で、まん丸の形が可愛い人気のサボテンです。

この斑点のような丸い毛は、全体に毛が覆われ白く見えるものや、きれいな模様になっているものなど様々な形があります。

低温に弱いため特に冬場は10℃以下の環境にならないよう、置き場所は注意が必要です。

そして直射日光に当てすぎると焼けしてしまうので、長時間日当りの良い場所に置くのはやめましょう。

オプンチア・墨烏帽子

オプンチア・墨烏帽子はバンザイをしているように見えるため、縁起がいい植物としても人気が高いです。

ユニークな見た目なので、インテリアとしても活躍してくれます。

鋭いトゲがないので、お子さんやペットがいるご家庭でも安心して飾ることができます。

まとめ

サボテンの風水効果についてご紹介しました。

  • サボテンの風水効果は「厄除け」「魔除け」「邪気除け」
  • サボテンは悪い気を吸うと枯れる
  • 運気を跳ね返す効果があり、良い気も跳ね返してしまう
  • サボテンを飾るなら「ベランダや窓際など外と接する場所」「トイレ」「オフィスのデスク周り」がおすすめ
  • 「寝室」「玄関」「キッチン」にはサボテンを飾らない
  • トゲのないサボテンなら風水効果を気にせずインテリアとしても活躍してくれる

サボテンの風水効果を利用して、悪い気を跳ね返し心地よい空間を作る参考になると嬉しいです!

いいと思ったらシェアお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)